何がしたいんだ僕は   


皆さんこんにちわ、
今日は私、ベンゼンがお送りいたします。

まず私が誰なのかお教えいたしますと、
水素が3つくっつくとシクロヘキサンへ進化します。そういうやつなんです。

ちなみに身長は0.140mm
手のひらサイズ以下の俺だけど守ってみせるぜこの星を



・・・。

ま、まぁ今日はゲストを何人か招待致しておるのですが、
そのゲストさん達は名前を名乗らないので貴方達にあててもらいたいのです(笑


では、最初のゲストさん~


ゲスト1:こん

ベンゼン:こんにちわ!メジャーなゲスト1さんです

ゲスト1:そうなの?

ベンゼン:そうですよーいろんなところにいるじゃないですか

ゲスト1:まぁね。君の周りにもいる。

ベンゼン:あと水にも溶けるとか!

ゲスト1:そうですね、でもそうすると弱いんですよね。

ベンゼン:弱い?

ゲスト1:いやさーナトリウム君と、私。
      一緒にいたら塩素ちゃんにとられちゃったの。情けない。

ベンゼン:ま、まぁそれは仕方ないんじゃ・・・あの人たちが強いんですよ

ゲスト1:そうよね・・・私のほうがメジャー!お菓子にもジュースにも!

ベンゼン:それ以上言うとばれます(笑

ゲスト1:はい・・・まぁ空気中にもいるので、よろしくね!

ベンゼン:はい。ありがとうございました~



お分かりになりましたでしょうか・・・?
では、次のゲストさんどうぞ


ゲスト2:こんばんわ!前世はジエチルエーt

ベンゼン:おっとこんばんわ。それは最大のヒントなので言っちゃだめです!

ゲスト2:は、はい・・・

ベンゼン:早速ですがゲスト2さんは、悩みがあるそうですね。

ゲスト2:そうなんですよー。俺有害とか言われるんですよ!
      名前はプリティーなのに・・・

ベンゼン:・・・。じゃあ何か特技はおありですか?

ゲスト2:あぁ、ニクロムさん呼んでくれたら変身できるよ。

ベンゼン:ほう、どんな?

ゲスト2:黒く。

ベンゼン:黒ですか。

ゲスト2:でもこれには条件があってちゃんと熱さないと真っ黒にならねえんだ。
      中途半端だと灰色になっちまう。

ベンゼン:他の色にはならないんですか?

ゲスト2:あぁ、あと俺を外に放置してると変わってくな・・・うぅ・・・最初は綺麗なのに。

ベンゼン:大変ですね^^;では、そろそろこの辺で。

ゲスト2:ほいさいならー


お分かりになりましたでしょうか。
分かった人、気になる人はぜひ近場の先生に聞いてごらんなさいほしミ

以上、ベンゼンでしたー




+++++



どうもしゃる夫ですヽ(´ー`)ノ
さっきのベンゼンね、
高校生じゃないと分からないと思うからやらなくていいと思うよ(*ノェノ)独り言独り言
寂しい独り言だな・・・


って何でこんなことやってるのかと申しますと
化学の授業(補習)暇でして・・・なんか気づけばせっせと物語作ってました。

ば、
馬鹿と呼べ!馬鹿と呼ぶがいいさふははは・・・
どうせ私は馬鹿だ。


そういえばー、
高3の合格発表者んとこに中学んときのバスケ部の先輩が
大阪大(医)に受かっていらっしゃった!すげえええおめでござい!

僕も理想は阪大!

でも今こんなんじゃ無理なんだろうなぁと分かってても動けない。
やっぱ針でも刺されないと改革されませんねAHAHA

自分でも何言ってるかわからんくなってきたのでここらで終了(*ノ∀`)
[PR]

by riodesuyo | 2007-03-19 17:49 | 日常

<< 1年迂闊組 勝手に追加しました。。 >>